巻頭特集

ようこそ 「白鳥の湖」の世界へ

ニューヨーク・シティー・バレエ(NYCB)

〈公演時期〉2/14-1618-23

1948年、「ニューヨーク・シティーセンター」の専属バレエ団となる。四季それぞれ公演を行っており、古典よりも現代バレエの演目が多い。毎年12月に上演される『くるみ割り人形』は、チケットが入手困難なほど人気。優秀なダンサーには振付師として活躍する場も与えている。2018年にミュージカル『回転木馬』でトニー賞振付賞を受賞した、ジャスティン・ペックも同バレエ団出身。

 

NYCB版の「白鳥の湖」はここをチェック!

見どころ:スピーディーな展開・カラフルな衣装・白鳥の群舞

現代的な要素を取り入れた衣装はカラフルで斬新的。

上映時間は1幕と2幕のみで約2時間(インターミッションあり)。

演出は、ピーター・マーティンス版の振付を採用。

古典の人気シーンは入っているが、ABTに比べると、あっさりとまとめた感じ。

オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)は、1人2役で演じているのが特徴。

 

David H. Koch Theater
20 Lincoln Center Plaza
nycballet.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。