巻頭特集

ようこそ 「白鳥の湖」の世界へ

ニューヨーク・シティー・バレエ(NYCB)

〈公演時期〉2/14-1618-23

1948年、「ニューヨーク・シティーセンター」の専属バレエ団となる。四季それぞれ公演を行っており、古典よりも現代バレエの演目が多い。毎年12月に上演される『くるみ割り人形』は、チケットが入手困難なほど人気。優秀なダンサーには振付師として活躍する場も与えている。2018年にミュージカル『回転木馬』でトニー賞振付賞を受賞した、ジャスティン・ペックも同バレエ団出身。

 

NYCB版の「白鳥の湖」はここをチェック!

見どころ:スピーディーな展開・カラフルな衣装・白鳥の群舞

現代的な要素を取り入れた衣装はカラフルで斬新的。

上映時間は1幕と2幕のみで約2時間(インターミッションあり)。

演出は、ピーター・マーティンス版の振付を採用。

古典の人気シーンは入っているが、ABTに比べると、あっさりとまとめた感じ。

オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)は、1人2役で演じているのが特徴。

 

David H. Koch Theater
20 Lincoln Center Plaza
nycballet.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。