巻頭特集

ようこそ 「白鳥の湖」の世界へ

ニューヨーク・シティー・バレエ(NYCB)

〈公演時期〉2/14-1618-23

1948年、「ニューヨーク・シティーセンター」の専属バレエ団となる。四季それぞれ公演を行っており、古典よりも現代バレエの演目が多い。毎年12月に上演される『くるみ割り人形』は、チケットが入手困難なほど人気。優秀なダンサーには振付師として活躍する場も与えている。2018年にミュージカル『回転木馬』でトニー賞振付賞を受賞した、ジャスティン・ペックも同バレエ団出身。

 

NYCB版の「白鳥の湖」はここをチェック!

見どころ:スピーディーな展開・カラフルな衣装・白鳥の群舞

現代的な要素を取り入れた衣装はカラフルで斬新的。

上映時間は1幕と2幕のみで約2時間(インターミッションあり)。

演出は、ピーター・マーティンス版の振付を採用。

古典の人気シーンは入っているが、ABTに比べると、あっさりとまとめた感じ。

オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)は、1人2役で演じているのが特徴。

 

David H. Koch Theater
20 Lincoln Center Plaza
nycballet.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。