巻頭特集

ようこそ 「白鳥の湖」の世界へ

ニューヨークの劇場で観られる「白鳥の湖」

市内には二つのバレエ団がある他、今だけ観れるバレエ団の公演も。演出、衣装の違いなど、それぞれの公演を見比べてみよう


 

アメリカン・バレエ・シアター(ABT)

〈公演時期〉 6/26-2729-307/1-4

 

1939年に設立された歴史あるバレエ団で、2006年には国立バレエ団に指定された。ニューヨークでの公演は春(5〜7月)と秋(10月)の2シーズン。それ以外は全米ツアーで各都市を回っている。春シーズンは、『白鳥の湖』『ジゼル』『ロミオとジュリエット』などの古典バレエを、秋シーズンは現代バレエの演目を公演している。

 

ABT版の「白鳥の湖」はここをチェック!

見どころ:ストーリー・白鳥の群舞・4羽の白鳥

現ABT芸術監督のケヴィン・マッケンジーによる演出は、古典にほぼ忠実。ストーリーも衣装も王道を見たい人にオススメ。

上演時間は約2時間半(インターミッションあり)だが、全4幕ある。

オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)を1人2役で演じているのが特徴。

 

Metropolitan Opera House
30 Lincoln Center Plaza
abt.org

 


ABTで活躍する日本人バレリーナ
木村楓音(かのん)さんに質問

注目!!

 

バレエを始めたきっかけは?

「小さい時からいつも踊るのが好きで、母親がバレエスタジオに連れて行ってくれたことがきっかけでバレエを始めました」

ABTでの生活はいかがですか?

「ABTの見習生として、毎日新しい事がいっぱいです。カンパニーでの生活は大変ですが、同時にすごく楽しい日々を過ごしています。アメリカに来てから身長の低さ、そしてアジア人ということで、辛い思いもしましたが、そうした経験も生かして、体を大きく使って踊るようにしています」

楓音さんにとって『白鳥の湖』の思い出は?

「サンフランシスコ・バレエスクールにいた16歳の時、カンパニーで『白鳥の湖』のコールドバレエ(群舞)のダンサーとして、作品に参加しました。その体験が自分にとって、すごくいい経験になりました。『白鳥の湖』は、コールドバレエにとって一番難しいバレエだと思います」

目標としているダンサーはいますか?

「ABTのプリンシパル、ソ・ヒさんです」

今後の目標を聞かせてください。

「自分の目標をいつも高く持ち、自分しか出来ない踊りを追究しながら、これからもずっとバレエダンサーとして、踊り続けていきたいです」


木村楓音(かのん)
東京生まれ、4歳でバレエを始める。ワシントンD.C.のキーロフ・アカデミー・オブ・バレエで1年間学ぶ。2016年のローザンヌ賞のファイナリストとなり、サンフランシスコバレエ学校で奨学生に。18年9月にアメリカンバレエシアターに入団。19年より同団のアパランティス(見習生)。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。