巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

 

03 ブロンクス・ドキュメンタリー・センター

ニューヨークタイムズ紙のフォトグラファーだったマイケル・カンバーさん(写真下)は、アフガニスタンからアメリカに戻ってきた2011年に退社し、ブロンクスのランドマークビルディングを購入。未来の写真家の育成のための非営利団体「ブロンクス・ドキュメンタリー・センター(BDC)」を立ち上げた。

建物はサウスブロンクスの中心駅、地下鉄149ストリート/3アベニュー駅から徒歩5分に位置している。1階は展示室として一般開放され、2階より上は暗室や図書室など、教育プログラムに必要な設備をそろえている。

BDCは、写真の展示会やドキュメンタリー映像作品を、常時無料公開している。また公開講座を通じて、正義、教育、コミュニティー構築、前向きな社会変化などをテーマに取り上げている、国際的に著名な気鋭の写真家、映画製作者や、その作品を紹介している。

 

コミュニティーを教育

地元の中・高校生、シニア向けに、フォトジャーナリズムや映画制作、ドキュメンタリー写真のスキルトレーニングを無料提供する活動も行っている。これらのクラスでスキルを培った、65歳から90歳のブロンクス・シニアリーグのメンバーが、来年2月まで特別展示「Bronx Photo Bronx Senior League Exhibition」を開催中。家族や友情、コミュニティーを通してブロンクスを紹介する。さまざまなバックグラウンドを持つシニアの目がとらえたブロンクスは味わい深く、「ブギーダウン」というこの街の異名とはまた違う一面を知ることができる。映像の持つ力を最大限に生かすBDCで、ニューヨークの生の声を体感しよう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。