巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

 

03 ブロンクス・ドキュメンタリー・センター

ニューヨークタイムズ紙のフォトグラファーだったマイケル・カンバーさん(写真下)は、アフガニスタンからアメリカに戻ってきた2011年に退社し、ブロンクスのランドマークビルディングを購入。未来の写真家の育成のための非営利団体「ブロンクス・ドキュメンタリー・センター(BDC)」を立ち上げた。

建物はサウスブロンクスの中心駅、地下鉄149ストリート/3アベニュー駅から徒歩5分に位置している。1階は展示室として一般開放され、2階より上は暗室や図書室など、教育プログラムに必要な設備をそろえている。

BDCは、写真の展示会やドキュメンタリー映像作品を、常時無料公開している。また公開講座を通じて、正義、教育、コミュニティー構築、前向きな社会変化などをテーマに取り上げている、国際的に著名な気鋭の写真家、映画製作者や、その作品を紹介している。

 

コミュニティーを教育

地元の中・高校生、シニア向けに、フォトジャーナリズムや映画制作、ドキュメンタリー写真のスキルトレーニングを無料提供する活動も行っている。これらのクラスでスキルを培った、65歳から90歳のブロンクス・シニアリーグのメンバーが、来年2月まで特別展示「Bronx Photo Bronx Senior League Exhibition」を開催中。家族や友情、コミュニティーを通してブロンクスを紹介する。さまざまなバックグラウンドを持つシニアの目がとらえたブロンクスは味わい深く、「ブギーダウン」というこの街の異名とはまた違う一面を知ることができる。映像の持つ力を最大限に生かすBDCで、ニューヨークの生の声を体感しよう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。