巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

02 ブロンクス美術館

地下鉄B、Dラインの167ストリート駅から南に2ブロック歩くと、銀色の屏風(びょうぶ)を幾重にも折ったような形の「ブロンクス美術館」が、目に飛び込んでくる。

元々は、ブロンクス裁判所のロタンダの一部で、ひっそりアート作品を展示していたのが、同館の始まり。総工費1900万ドルをかけて拡張された現在の建物は、2006年にオープンした。

 

 

ブロンクスならでは

同館では現在、ニューヨークの地下鉄の駅や車体に描かれたグラフィティーを撮り続けてきた写真家、ヘンリー・シャルファントの特別展「Henry Chalfant: ART VS. TRANSIT, 1977-1987」を開催している。

壁に描かれたグラフィティーやアーティストの写真数百枚が並び、角に置かれたブーンボックスからはラップミュージックが流れる。中央に置かれたガラスケースには、グラフィティーの下書きやスケッチが展示され、当時違法だったグラフィティーを次々と生み出してきたアーティストの熱が伝わってくる。

 

 

最奥の壁一面には、グラフィティーが描かれた地下鉄車両の横長の写真も、床から天井まで積み上げるように展示されている。

また、隣の展示室では実物大の列車のグラフィティーが、地下鉄の走る音やブレーキの音と共に展示されており、臨場感たっぷり。

ブロンクスならではともいえるこの特別展は、2020年3月8日(日)まで開催予定。入場無料。

別の展示室では、ブロンクス出身で2004年に他界した写真家、アルビン・バルトロップの作品を、彼の生涯と共に振り返る特別展も開催されている。

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。