巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

02 ブロンクス美術館

地下鉄B、Dラインの167ストリート駅から南に2ブロック歩くと、銀色の屏風(びょうぶ)を幾重にも折ったような形の「ブロンクス美術館」が、目に飛び込んでくる。

元々は、ブロンクス裁判所のロタンダの一部で、ひっそりアート作品を展示していたのが、同館の始まり。総工費1900万ドルをかけて拡張された現在の建物は、2006年にオープンした。

 

 

ブロンクスならでは

同館では現在、ニューヨークの地下鉄の駅や車体に描かれたグラフィティーを撮り続けてきた写真家、ヘンリー・シャルファントの特別展「Henry Chalfant: ART VS. TRANSIT, 1977-1987」を開催している。

壁に描かれたグラフィティーやアーティストの写真数百枚が並び、角に置かれたブーンボックスからはラップミュージックが流れる。中央に置かれたガラスケースには、グラフィティーの下書きやスケッチが展示され、当時違法だったグラフィティーを次々と生み出してきたアーティストの熱が伝わってくる。

 

 

最奥の壁一面には、グラフィティーが描かれた地下鉄車両の横長の写真も、床から天井まで積み上げるように展示されている。

また、隣の展示室では実物大の列車のグラフィティーが、地下鉄の走る音やブレーキの音と共に展示されており、臨場感たっぷり。

ブロンクスならではともいえるこの特別展は、2020年3月8日(日)まで開催予定。入場無料。

別の展示室では、ブロンクス出身で2004年に他界した写真家、アルビン・バルトロップの作品を、彼の生涯と共に振り返る特別展も開催されている。

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!