巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

ブロンクスで用事があるのは、ヤンキースタジアムだけ…なんて思い込んでいる読者も多いのでは? 実はマンハッタンにも近いサウスブロンクスは、最先端のアートやカルチャーを発信している。今号は、ニューヨーク生で一度は行っておきたい同エリアを紹介。 (取材・文/キム・クンミ)



サウスブロンクスって
どんなところ?

かつての危険地帯の、現在の姿とは? まずはこのエリアの概要からチェック。

ジェントリフィケーション(貧困地域に中産階級の市民が流入する現象)の影響を受け、急激に変わりつつあるサウスブロンクス。国勢調査局によると、ブロンクスは国内で、最も人種や民族性が多様な地域の一つだ(2010年度調査より)。無作為に住民2人を選んだ場合に人種や民族が異なる可能性は、およそ90%に上るそうだ。

サウスブロンクスは、ニューヨーク市の財政悪化が進んだ1970〜80年代にかけて、市内で最も荒廃した地域だった。放火が多発し、まるで砲撃をあびた市街地のようだった街並みの中から、ストリートアートやヒップホップが生まれたことは有名だ。

一方でラテン・ヒスパニック系住民が市内で最も多く住む地域でもあるため、古くからサルサやマンボといったラテン系音楽も盛ん。市内最古のラテンミュージック・ストア「Casa Amadeo, antigua Casa Hernandez」も、歴的景観を保つ建物の一階で、営業を続けている。

 

 

こちらが最古のラテンミュージックストア

 

二つの歴史地区

サウスブロンクスの中心はニューヨーク市地下鉄の緑・赤ラインの駅がある149ストリートと3アベニュー。ここから南が、開発が最も進むモットヘブン地区だ。モットヘブンは2017年に、そして隣接するハンツポイント地区は19年に、歴史地区評議会が毎年選出する「保存に値する6地区」に選ばれている。

モットヘブンの南を走るブルックナー大通りは、かつてはアンティークショップが並び、週末になると遠方からの客が訪れる場所だった。現在は一軒を残して姿を消したが、代わりにコーヒーショップや書店、そしてブロンクスならではなストリートアートをテーマにした、ヒップホップレストランなどが並ぶ。

隣り合うハンツポイントでは、地ビール醸造所「ブロンクスブリューワリー」が営業中。その2ブロック南「ポート・モリス・ディスティラリー」では、プエルトリコのムーンシャイン(元は密造酒の意)、ピトロのテイスティングも楽しめる。

 

意外と知らない顔

サウスブロンクスは文化活動もめざましい。各アート施設で地元アーティストの作品を一般公開する傍ら、アフタースクールプログラムを通じて、地元の子供たちにアートに触れる機会を提供している。

ブロンクス区の公式サイト(ilovethebronx.com)では、ウオーキングツアーも多数紹介しているので、ニューヨークの「穴場」を、この機会に一度訪れてみてはいかが?

 

書店やカフェなどが増えている

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。