巻頭特集

観なきゃソン!全米 オープンテニス

 

全米オープンの観戦お得情報!

知ってるようで知らない、観戦のお得情報が満載。毎年、全米オープンの観戦に行っているMさんと3面で語ってくれた綛谷さんに、本当は教えたくない、お得な情報を教えてもらった。初めて行く人もそうでない人も、チェックしてみよう。


 

●手荷物

「会場ゲートのセキュリティーがとても厳しいので、会場外には有料ロッカーもありますが、手荷物は最小限が基本です。また日が長い夏だからこそ、サングラスと帽子は必須ですね」(Mさん)

「場内の売店も活用できますが、とにかく値段が高い。おにぎりなど小さめの食べ物や、ペットボトルの水などは持ち込み可能です。水筒は危険物と思われる可能性が高いため、検査で没収されることもありますので、気を付けてください」(綛谷さん)

 

●全米オープンのひみつ

「全米オープンのハードコートは他に比べ、バウンド後の球足が遅くなるんです。また、予選期間中には、普段なかなか見ることの出来ないコートの張り替えが見れるかもしれません。さらに、大会前に毎年『ボールパーソン』を募集しています。

男女問わず年齢制限もありませんから、誰でもオーディションを受けられます。

来年、皆さんも応募してみてはいかがですか?」(綛谷さん)

 

●チケットの買い方

「『公式サイト』と『Stubhub』の2種類を使い分けするのがコツです。準決勝や決勝は、誰が勝ち残るか分かりませんから、期待していた選手が負けてしまうとチケットが売りに出されたりします。また、知名度の低い選手だった場合、直前で買う方が安くチケットを手に入れられるんです。私も10ドル以下で準々決勝の試合を見たことがあります」(Mさん)

「レイバーデーが終わった2週目からの試合は、夏休みの終わりと重なり、チケットがお得になるんですよ(綛谷さん)」

〈購入サイト〉
公式サイトusopen.org/en_US/tickets/index.html
Stubhubstubhub.com/us-open-tennis-tickets/grouping/8307/

 

試合スケジュール

予選:8月19日(月)〜23日(金)

本戦:8月26日(月)〜9月8日(日)

 

会場: USTA Billie Jean King National Tennis Center

Flushing Meadow – Corona Park, Flushing, NY 11368  地下鉄7番線メッツ=ウィレッツ・ポイント駅下車、徒歩約7分

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。