巻頭特集

観なきゃソン!全米 オープンテニス

編集部オススメ!  注目の日本人選手たち

 

錦織圭選手

5歳でテニスを始める。2001年、全国選抜ジュニア選手権で優勝。同年、全国小学生大会、全日本ジュニア12歳以下で優勝を果たし、史上5人目となる全国制覇3冠を達成した

17歳でプロに転向。14年には全米オープンで決勝に進出、アジア人としては初となる、グランドスラム準優勝という快挙を成し遂げた。

16年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本テニス界96年ぶりとなる銅メダルを獲得。スタミナを温存した、粘り強い試合に定評がある。

今大会では、自身の「隔年の法則」を打破できるかが鍵。直前に発表された世界ランキングでは、5位に浮上した。

 


 

 

大坂なおみ選手

ハイチ系アメリカ人の父親と、日本人の母親を両親に持つ。3歳の時にアメリカ・ニューヨークへ移住し、テニスを始める。

現在はフロリダを拠点に活動。姉・大坂まりさんもプロテニス選手として活躍中。2016年10月に、日本勢初となるWTA最優秀新人賞を受賞。

18年、全米オープンで初優勝を果たし、女子シングルス日本人初となる快挙を成し遂げた。その勢いで、1月には全豪オープンでも優勝。今月カナダ・トロントで行われた、ロジャーズ・カップでは、準々決勝に進出と調子を上げてきている。

今大会では、2大会連続優勝なるか、世界中の注目が集まりそうだ。

 


 

 

土居美咲 選手

6歳からテニスを始める。左利き。小柄ながらも、生まれ持った身体能力の高さとテンポの良さで、大柄な選手にも攻撃的な試合運びができることが特長。

シングルスでは、2015年のルクセンブルク・オープンでツアー初制覇。2016年全英大会では、ベスト16の実績を残し、世界ランキング30位まで浮上した。

ダブルスでも活躍しており、7月に開催されたスウェーデンオープンでは、単複優勝を果たしている。

 

世界ランキング82位
ミキハウス所属
1991年4月29日生まれ
千葉県出身

 


 

 

 

西岡良仁 選手

4歳からテニスを始め、左利きのオールラウンドプレーヤーとして活躍。小学生の頃からジュニア大会など、数々の国内大会で優勝し、18歳でプロへ転向。

18年1月に、左膝じん帯断裂の大けがから復帰。同年9月、国広東省深圳(しんせん)で開催された深セン・オープンでは、念願のツアー初優勝を果たした。

どんな球にも対応するバランスの良さを武器に、負けん気の強いファイターとして、力強く熱い戦いを繰り広げる。

 

世界ランキング77位
ミキハウス所属
1995年9月27日生まれ
三重県出身

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。