巻頭特集

華麗にこなしてステップアップ ジャピオン読者の出張事情

普段から慣れない米国で頑張る社会人にとって、見知らぬ土地でビジネスチャンスを決めるのはひと苦労。今号は、そんな読者をほんの少し手助けする特集です。



出張はここが大変だ!
読者に聞く 自己流サバイバル術

今回話を聞いた10人の読者は、いずれも数多くの出張をこなしてきたベテラン社会人たち。出張の頻度と内容は異なるも、慣れない場所で大きな仕事をこなす緊張とプレッシャーは共通のはずだ。

 

鬼門はやっぱり空の便

トラブルとして最も多いのが、やはり飛行機のスケジュール変更。衝撃的なのが、「出掛ける当日の朝、間違ったフライト情報がメールで届きました」という、国家公務員・くーさんのエピソード。

「ニューヨークから出る最初の便は問題なかったのですが、乗り継ぎ便に乗り損ねました。航空会社のミスなのに、出発前に解決できず、現地カウンターで話をしろといわれ…。交渉するのは冷や汗ものでした」

英語が苦手な人には一層恐ろしい話だ。

一方、田中ノブコさん(セールス業)のように「エコノミーが満席だったので、ビジネスに乗せてもらえました」というラッキーハプニングもあるようなので、あまり構えずに空港へ行こう。


予想外のタイムロス!

陸路移動にも悲劇が。「フランスからの取材帰り、カメラのフィルムが入ったバッグを、グランドセントラル駅〜JFK間のシャトルバスに置き忘れたことがあります」と、過去を振り返るのは、ライターの佐々木香奈さん。

「シャトルの従業員が、走ってバスを追いかけて、カメラバッグを持って戻ってきてくれました。20ドルをお礼に渡したら小躍りして喜んでいた姿を、今も忘れません」

今はバックアップがデジタル化していることに感謝するばかり。一息ついたときの忘れ物には要注意!

また、「アップステートへの道中、インターハイウェーで7時間以上(!)の渋滞に引っ掛かってしまいました」(Miuさん/カスタマーサービス)というエピソードも寄せられた。みんな、さまざまなトラブルを乗り越えてきているよう。


快適求めるマイルール

滞在先選びは、「できる限りホテルは電車の駅の近くに取る」(Noriさん/旅行業)、「アポ相手の住所はもちろん、宿泊先近くのレストランやドラッグストアなどを入念に調査する」(蛍さん/ジャーナリスト)といった玄人のアドバイスを参考に。

荷造りでは「できるだけ身軽に」と心掛けている様子。「2、3日なら毎日同じ服を着る。下着とソックスは毎日変える」(佐々木香奈さん)、「ファスナー付きのプラスチックバックに小物をまとめて入れる」(田中ノブコさん)などの工夫が。

出張の必需品は、9人中5人が「スリッパまたはサンダル」と回答。確かにホテルや飛行機内は靴のオンオフが多いので便利。出張デビューを控えている人は旅行鞄に入れておこう。

その他、個性的な回答が、「ホテルのプールやジャグジーでくつろげるように」ということで「水着とサンダル」(yoshiさん/不動産仲介業)。そしてライフスタイルエディターのREIKOさんの必需品は、「セージのスプレー」。「色々なホテルに泊まりますが、霊がいたら嫌なので浄化に振りまく」とのこと。どれだけのハプニングを予想できるかが肝要なのだ!

 

固定ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。