巻頭特集

春はもうすぐ!今年のお花見、 どこ行く?

桜まつりに行こう!

ニューヨーク市および近郊で開催される桜まつりを紹介。2020年のパンデミック以来、中断となっているものもあるが正常化が進む今年は開催される可能性が濃厚だ。2月20日時点で日程が発表されているものは下記の通り。それ以外は各事務局に問い合わせを。


全米桜まつり
3/20(月)〜4/16(日)

米国と日本間の友好関係の育成強化を願い、当時の東京市長、尾崎行雄が1912年に3,020本の桜の苗木を寄贈したことを記念して35年、市民団体の共同支援で開催。毎年の恒例行事となっていたが、41年12月8日の真珠湾攻撃への報復(?)として4本が切り倒され、第二次世界大戦中は中止に。終戦から2年後の47年に再開され現在に至る。最後の週末(今年は15、16日)に行われるワシントン日米協会主催のストリートフェスティバル「さくらまつり」は、日本文化を紹介するお祭としては全米最大規模。

nationalcherryblossomfestival.org
sakuramatsuri.org


フィラデルフィア桜祭り
(ペンシルベニア州フラデルフィア)
4/15(土)、16(日)

合衆国独立150周年を記念して日本政府が1926年、桜の苗木をフィラデルフィア市に寄贈したことを記念して、フィラデルフィア日米協会(JASGP)が97年から開催。JASGPは98年、1,000本の桜を新たに植樹することを計画し、毎年植樹を重ねて2007年の10周年記念の年にその目標を達成した。会場となるフェアマウントパークにはヒガン、ソメイヨシノ、カンザン、カンザクラなど4〜5種類の桜があり、それぞれ開花時期が異なるため、長期間にわたりお花見できる。

japanphilly.org/programs/festivals/cherryblossom


ブランチ・ブルック・パーク桜祭り
(ニュージャージー・エセックス郡)
4/1(土)〜16(日)

essexcountyparks.org/parks/branch-brook-park


ストーニーブルック大学桜祭り
(ロングアイランド)
5/7(日)

© cherry blossfest

 

© cherry blossfest

ryushukan.com/cherry-blossom-festival-sakura-matsuri-home


ブルックリン植物園桜祭り
www.bbg.org/collections/cherries


フラッシング・メドウズ-コロナ・パーク桜祭り
jaany.org/ja/home-jp


ルーズベルトアイランド桜祭り
rioc.ny.gov/370/Roosevelt-Island-Cherry-Blossom-Festival


ホワイトプレーンズ桜祭り
www.facebook.com/wpcherryfes


シェフ直伝!見て楽しい食べて美味しいお花見弁当

満開の桜の下でのお弁当は格別の美味しさ。創作日本料理の店、和参(パークスロープ・ブルックリン)とa-un(ブッシュウィック)のオーナーシェフ、櫻井覚三郎さんにおすすめのレシピを教えてもらった。

和参謹製お花見弁当

大人の味のラムチョップの味噌焼きや牡蠣の祐庵焼きはお酒のアテに、鶏の唐揚げやだし巻き卵はお子さんにも喜ばれます(櫻井さん)

 

 

教えてくれた人

櫻井覚三郎さん

日本料理店「いなぎく」の料理長を経て2010年、イーストビレッジに「和参」をオープン。
15年には2号店を、22年に3号店を開業。
伝統的な和食の技法を駆使した創作料理は、 ミシュランなどのメディアから高く評価されている。


サーモンとイクラのばらちらし

【材料】
混ぜ込み用の野菜(レンコン、ゴボウ、ニンジン)
A(かつおだし、砂糖、しょうゆ、みりん、酒)

【作り方】
① 混ぜ込み用の野菜を食べやすい大きさに切る
② ❶をAで適度な歯応えが残るまで煮る(筑前煮の要領)
③ 寿司飯に❷の煮汁を少々混ぜる
④ ❸を器に盛り付け、焼いたサーモンとイクラを散らす(イクラはトビコなどで代用可)

*味噌焼きは豚ロースでも代用可。プチトマトは湯むきしてからお浸しにすると、だしがよくしみこむ。いなりずしは、ばらちらしを作ったときに余ったすし飯を使う。桜でんぶをトッピングすれば、お花見弁当にピッタリ。

和参謹製お花見弁当は3日前までに要予約。詳細は要問い合わせ。
info@wasan-ny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。