巻頭特集

話題の店が続々オープン!今、行きたい店はここだ!

コロナ緊急事態宣言も5月11日に撤廃が決まり、正常化が進む米国。ニューヨークでも昨年の夏から秋にかけて新しい店が続々とオープンしている。今週はそんな新顔にクローズアップ!(取材・文/加藤麻美)


NYのマツキヨ、テソライフ快進撃

日系サプライヤー大手と提携し、プチプラをはじめとした日本の化粧品、スナック菓子、日用雑貨、キッチン用品、OTC薬などを販売、その圧倒的な品揃えから在住日本人およびアジア人の間で絶大な人気を誇る中国系ドラッグストア「テソライフ(TESOLIFE)」。中国人起業家アンディ・リンさんが2017年、クイーンズ区フラッシングで創業。破竹の勢いで店舗を増やし、ロングアイランドシティ(LIC)やベイサイドにも大型店舗をオープンし、現在はニューヨークに10店舗、ダラスに1店舗を展開。同社のマーケティング担当、シィーワイ・クウォックさんに売れ筋商品や今後の出店計画について聞いた。

売れ筋商品をコンパクトにまとめた西32丁目にあるKタウン店。いつ行っても混んでいる

━テソライフでは現在、何種類のブランドを取り扱っていますか?

店舗の規模や地域によって異なりますが、約250~300のブランドを取り扱っています。

━どのような視点で取り扱いブランドを決めているのでしょうか? また、日本の商品が外国人に支持される理由は何だと思いますか?

私たちはトレンドを常に把握し、さまざまなマーケットでの人気を考慮して決めています。日本製の商品が非日本人に人気なのは、なんと言っても品質が良いからだと思いますね。

━一番売れている商品は何ですか?

化粧品は、MONKIMONのフェイシャルタオル、資生堂のフィーノヘアマスク、キスミーのアイライナー、スナック菓子は、グリコのディズニーロリポップ、LAYSのポテトチップス(神戸ビーフ味)、カルビーのポテトチップス(ピザ味)、その他にはPOPMART & 52Toysの
ブラインドボックスでしょうか。

━実際に店舗に来店している主な客層は?

主なお客様は、アジアの商品に興味がある方、好きな方です。地域によって、アジア系と非アジア系のお客様がいらっしゃるので、客層は多岐にわたります。

━新しくオープンしたLIC店の特徴を教えてください。

9店舗目となるLIC店は、お客様に人気の最新アイテムを豊富に取り揃えています。LIC店に来ていただければ、あなたの必要なものが必ず見つかるはずです。そして、最高のTESOを体験してください。

━ニューヨーク市内で他におすすめの店舗は?

どの店舗も甲乙付け難いですが、フラッシングには徒歩圏内に3店舗あり、品揃えも各店舗で変化を持たせていますので、「お店巡り」をしてみるのもいいかもしれないですね。またマンハッタン西32丁目のKタウン店は、各種商品をバランス良く置いていますので、ショッピングがしやすいと思います。

━今後、どのような商品に力を入れていきたいですか? また、ニューヨーク、ニュージャージーエリアでの次の出店計画はありますか?

私たちは、自分たちの戦略を貫き、お客様にベストで人気のある商品を提供し続けたいと考えています。現在、ニューヨーク以外の地域にも進出しており、次の店舗はニュージャージー州のジャージーシティーになる予定です。同時に、マサチューセッツ州ロックビル、ジョージア州アトランタ、テキサス州ヒューストン、フリスコ、アリゾナ州チャンドラーなどにも出店する予定です。これからもTESOの体験を全米中の人たちに届けられることを願っています。

TESOLIFE
www.tesolife.com

お話を聞いた人

CY Kwokさん
テソライフ・マーケティング担当

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。