巻頭特集

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。(取材・文/加藤麻美)


ウェストサイドの「へそ」
ペンステ、どう変わる?

ミッドタウンイーストの「へそ」はグランド・セントラル・ターミナル、ウェストの「へそ」に当たるのがペンシルベニアステーション(通称:ペンステーション)だ。

7番街と8番街、31丁目と33丁目に囲まれた一帯、マディソン・スクエア・ガーデンの地下とジェームズ・A・ファーレイ・ビル(旧郵政公社ビル)に広がる巨大なターミナル駅はパンデミック前の2019年時点で平日60万人以上が利用、西半球で最も交通量の多い駅として知られている。

21本の線路と11のプラットホーム、7本のトンネルでつながるペンステーションはニューヨーク市とボストン、フィラデルフィア、ワシントンDCおよびその中間地点を結ぶ全米鉄道旅客公社(アムトラック)のノースイーストコリダー線の中心に位置し、ロングアイランド鉄道(LIRR)とニュージャージートランジット(NJT)が運行。駅の構内からは地下鉄やバス、PATHトレインへの乗り換えもできる。

ペンステーションは、ペンシルベニア鉄道(1846〜1968年)がイースト・リバー・トンネルの開通に合わせて建造、今から1世紀以上前の1910年に開業した。「ボザール様式の傑作」とたたえられる華麗な駅舎だったが、同鉄道の経営悪化により63年に取り壊されてマディソン・スクエア・ガーデンの地下に移転。駅舎の取り壊しは国際的な物議を醸し、「ニューヨーク建築史上最大の汚点」と非難された。

ガラス天井のモイニハン・トレイン・ホール

リニューアル第一弾モイニハン・トレイン・ホール

ペンステーションのリニューアル計画は、故ダニエル・パトリック・モイニハン上院議員の発案により90年代から始動。うよ曲折を経てアンドリュー・クオモ前知事が受け継ぎ、2017年から実現にこぎ着けた。その第一弾として21年元旦に開業したのがペンステーションを拡張し隣接する旧郵政公社の建物を再開発した複合施設、モイニハン・トレイン・ホールだ。これは16億ドルを投入してアムトラックの線路を同ホールに移設したもので、LIRRやアムトラックの利用客はここから乗車する。前年12月には33丁目から同ホールへアクセスできる入口もオープンしている。

モイニハン・トレイン・ホールの総面積はペンステーションのコンコースを50%拡張した25万5000平方フィート。高さ92フィートのガラス屋根からはあふれんばかりの陽の光が差し込み、従来の薄暗く迷路のようなペンステーションとは対照的な雰囲気だ。設計はスキッドモア、オーイングス&メリル。惜しまれながら取り壊されたオリジナルのペンステーションへのオマージュともいえる見事な出来栄えである。

ベンステーション完成予想図

新駅はガラスの天井
地上1階建て

クオモ前知事の辞任に伴いキャシー・ホークル知事が昨年11月に新たに発表した計画は、前知事が21年4月に発表したエンパイア・ステーション・コンプレックス案を修正し、現在のペンステーションを総面積25万平方フィートの1階建ての施設に置き換えるというもの。これにより移動がよりスムーズになり乗客の動線に余裕が生まれる。

トレインホールには、先にオープンしたモイニハン・トレイン・ホール同様ガラス製の天井を採用し、現在のペンステーションとは打って変わった明るくモダンな雰囲気を演出。総面積はモイニハン・トレイン・ホールとグランド・セントラル・ターミナルのメインコンコースを合わせた大きさになる。

新駅では小売店などのアメニティーも充実させ、チケットや待合室、乗客の情報システムも統一。また、プラットホームにつながるエレベーターを11基、エスカレーターを18基増設し、駅の出入り口も従来の12カ所から20カ所に増やす計画で、地下鉄34ストリート/ヘラルドスクエア駅との地下接続も実現する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。