巻頭特集

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。(取材・文/菅礼子)


ヒップなエリアとして人気上昇中
グリーンポイントの魅力って?

もともとはポーランド系の移民が多く移り住んだグリーンポイント。昔ながらの商店街が広がるのどかな街並みに、おしゃれなカフェやブティックが点在している。近年では開発も進み、イーストリバー沿いに高層アパートが立ち並ぶなど変化を見せている。

グリーンポイントの魅力を地元のウェブマガジン「グリーンポインターズ(Greenpointers)」のオーナー、ジュリア・モークさんに聞いた。

――グリーンポイントがトレンディーなエリアになった理由は?

私は以前ウィリアムズバーグ(現在住んでいるグリーンポイントの自宅から数分の距離)に住んでいたのですが、緑地や芝生、公園が近くにあり、楽しい場所もたくさんあるグリーンポイントに引っ越してきました。クリエーティブな人間としてアートとつながっていたいし、この地域に住む多くのアーティストと友達でもあるんです。そうした人々が集まってきたことでトレンディーになったのかもしれません。

――今と昔でどのように変化しましたか?

私がグリーンポイントに引っ越してきた2011年当時は、近くのウィリアムズバーグより安い家を探している人が住むような場所でした。最近では、グリーンポイントでもアパートメントを探すのはかなり難しくなり、まして良い条件の物件を見つけるのは困難です。また、以前はカジュアルなバーやレストランもあり、無料や格安のライブイベントを見に行くことができましたが、今では3ドルで飲めるビール「パブスト・ブルー・リボン」ではなく、おいしいカクテルを飲みに行くような高級レストランやバーがどんどん増えてきましたね。

――昔はポーランド人が多く住む地域だったとか?

グリーンポイントには、今でもポーランド人たちが残っています。私の隣人の多くはポーランド人ですし、今でもおいしいポーランド料理のレストランがたくさんあります。ポーランド人が今より多かった頃は、近所の人はみんな顔見知りで、地元の大人は子供の名前を全員知っているような環境でした。この街で育ったポーランド人の隣人は、この場所を安全に感じるとよく話しています。

――「グリーンポインターズ」とは?

北ブルックリン(グリーンポイントとウィリアムズバーグ)の情報を発信する、ローカルなコミュニティーニュースサイトです。地元企業にスポットライトを当てたり、アーティストやミュージシャンについても取り上げています。近年は、地方政治、選挙、公衆衛生(特に新型コロナウイルス関連)などのコミュニティーニュースにも力を入れています。

――おすすめのショップやスポットは?

ポーランド料理はもちろんおすすめですが、「ポーリー・ギーズ・スライス・ショップ」ではニューヨークでもトップクラスのピザを食べられます。街ゆく人たちを眺めながら外でおいしい料理を食べられる「ファイブリーブス」、食べて踊って夜を楽しく過ごせる「ポニーボーイ」、「オーブンリー」でチョコレートのブルックリン・ブラックアウト・ケーキを買うのもおすすめ。マッカキャレンパークを訪れることもお忘れなく! ウィリアムズバーグまで広がる公園で、さまざまなイベントが行われています。

古いものと新しいものが混在しているので、歩くだけで素敵な場所に出会えると思います。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。