巻頭特集

市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。(取材・文/菅礼子)


コロナ禍でも安全に春を
楽しむためのポイント

ニューヨークでは春の到来とともにワクチンの普及が急ピッチで進んでいる。外を見ると花々が咲き乱れ、春満開だ。ニューヨーク市内でも桜の花が見頃を迎え、桜以外にも多くの花が咲いているわけだが、コロナ禍でもできるだけ安全にお花見を楽しみたい。

アメリカで最大規模を誇るワシントンDCの「全米桜祭り」は3月20日から行われ、4月11日に終了した。DCより北に位置するニューヨークの見頃は場所によって5月上旬まで続くと言われている。

マンハッタンではセントラルパーク、ルーズベルトアイランド、モーニングサイドハイツにあるサクラパークなどが有名だ(桜の見所マップは5ページ参照)。セントラルパークも貯水池を囲むソメイヨシノとカンザンは圧巻だが、園内全体で桜とその他の花々を含め、約10カ所の見所があるので事前のチェックが必要だ。72丁目中央のチェリーヒル、72丁目東側のピルグリムヒルは桜が多いスポットとして知られている。その他、79丁目西側のシェークスピアガーデンには水仙、バラ、チューリップが見られ、66丁目中央のオルムステッド・フラワー・ベッドでもツツジやチューリップ、パンジーが見られるので、セントラルパーク内で多くの種類の花を楽しむことができる。マップは公式サイトより確認を。

その他、ブロンクスにあるニューヨーク植物園やブルックリン植物園も、コロナにより桜祭りはキャンセルされたものの、手入れのされた桜を見ることができる他、春の花々が見頃を迎えている。

「現在のニューヨーク植物園は早春の花を見るのにベストシーズンです。何千本の水仙と桜の花でいっぱいでしょう。4月中旬からは500種にも及ぶライラックシーズンがスタートします。ツツジも見頃になってきますし、6月にはバラも奇麗なので、これからの季節はいつ訪れても最高です」とはニューヨーク植物園のスポークスマン。

 

ニューヨーク植物園では一面の水仙が見頃

 

カンザン桜が美しいルーズベルトアイランド

 

DCの全米桜祭りは多くの人でにぎわっていた

 

ルールを守りながら
安全な花見を

例年と違い、まだまだソーシャルディスタンシングを取りながらお花見を楽しむことが重要だ。

例えば、①大人数でお花見に出かけない ②食事をすることにより飛沫による感染の危険が増えるので、飲食などは控える ③長時間の滞在を控える ④人の多い場所は避ける、などが挙げられる。

待ちに待った外に出られる暖かい季節の到来、ルールを守ってお花見を楽しみたい。


ニューヨークで見かけるあの花は?

市内を歩いていると、日本の代表的な花である桜や、他にもいろいろな花をよく見かける。気になるあの花々の名前と特徴をこの機会にチェックしてみよう!


ゴールデンベルズ

鮮やかで小さな黄色い花が街中でも目立つこの花はゴールデンベルズ。漢方薬に使用されることもある


ソメイヨシノ

日本人には馴染みの深いソメイヨシノも意外やニューヨーク市内で多く見られる春を代表する花


マグノリア

大きな花が見栄えのいいマグノリアは特徴的な香りも人気。ピンクから白まで花の色もさまざま

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!