巻頭特集

市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。(取材・文/菅礼子)


コロナ禍でも安全に春を
楽しむためのポイント

ニューヨークでは春の到来とともにワクチンの普及が急ピッチで進んでいる。外を見ると花々が咲き乱れ、春満開だ。ニューヨーク市内でも桜の花が見頃を迎え、桜以外にも多くの花が咲いているわけだが、コロナ禍でもできるだけ安全にお花見を楽しみたい。

アメリカで最大規模を誇るワシントンDCの「全米桜祭り」は3月20日から行われ、4月11日に終了した。DCより北に位置するニューヨークの見頃は場所によって5月上旬まで続くと言われている。

マンハッタンではセントラルパーク、ルーズベルトアイランド、モーニングサイドハイツにあるサクラパークなどが有名だ(桜の見所マップは5ページ参照)。セントラルパークも貯水池を囲むソメイヨシノとカンザンは圧巻だが、園内全体で桜とその他の花々を含め、約10カ所の見所があるので事前のチェックが必要だ。72丁目中央のチェリーヒル、72丁目東側のピルグリムヒルは桜が多いスポットとして知られている。その他、79丁目西側のシェークスピアガーデンには水仙、バラ、チューリップが見られ、66丁目中央のオルムステッド・フラワー・ベッドでもツツジやチューリップ、パンジーが見られるので、セントラルパーク内で多くの種類の花を楽しむことができる。マップは公式サイトより確認を。

その他、ブロンクスにあるニューヨーク植物園やブルックリン植物園も、コロナにより桜祭りはキャンセルされたものの、手入れのされた桜を見ることができる他、春の花々が見頃を迎えている。

「現在のニューヨーク植物園は早春の花を見るのにベストシーズンです。何千本の水仙と桜の花でいっぱいでしょう。4月中旬からは500種にも及ぶライラックシーズンがスタートします。ツツジも見頃になってきますし、6月にはバラも奇麗なので、これからの季節はいつ訪れても最高です」とはニューヨーク植物園のスポークスマン。

 

ニューヨーク植物園では一面の水仙が見頃

 

カンザン桜が美しいルーズベルトアイランド

 

DCの全米桜祭りは多くの人でにぎわっていた

 

ルールを守りながら
安全な花見を

例年と違い、まだまだソーシャルディスタンシングを取りながらお花見を楽しむことが重要だ。

例えば、①大人数でお花見に出かけない ②食事をすることにより飛沫による感染の危険が増えるので、飲食などは控える ③長時間の滞在を控える ④人の多い場所は避ける、などが挙げられる。

待ちに待った外に出られる暖かい季節の到来、ルールを守ってお花見を楽しみたい。


ニューヨークで見かけるあの花は?

市内を歩いていると、日本の代表的な花である桜や、他にもいろいろな花をよく見かける。気になるあの花々の名前と特徴をこの機会にチェックしてみよう!


ゴールデンベルズ

鮮やかで小さな黄色い花が街中でも目立つこの花はゴールデンベルズ。漢方薬に使用されることもある


ソメイヨシノ

日本人には馴染みの深いソメイヨシノも意外やニューヨーク市内で多く見られる春を代表する花


マグノリア

大きな花が見栄えのいいマグノリアは特徴的な香りも人気。ピンクから白まで花の色もさまざま

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。