巻頭特集

寒い冬だってメークを楽しみたい!

なかなか収束の兆しが見えない新型コロナウイルス。「人に会わないから」とついついメークも手抜きになってない? 冬の乾燥が気になるこの季節だからこそ、肌に優しいメークや注目のコスメを知って、寒い冬を楽しく乗り切ろう! (取材・文/中沢絵里奈)


コロナ禍でどう変わった?
メークの最新トレンド

長引くコロナ禍により、マスクを着用する生活はすっかり日常になった。また、在宅勤務を取り入れる企業が増えたことで、外出や人に会う機会が減り、「メークはつい怠けがち…」という人も少なくない。そこで、メーキャップアーティストとしてグローバルに活動する澤渡祥子さんに、コロナ禍でもメークを楽しむための秘訣やトレンドを聞いた。

――流行のメークトレンドについて教えてください。

マスクをするようになって口元が見えなくなった分、目元で遊ぶメークが主流になっています。90年代のトレンドがリバイバルして、特に細眉メークはよく街中で見掛けるようになりました。ここ数年は太くてナチュラルな眉が定着していましたが、最近はキリッとした細眉がセクシーで新鮮です。さらに目のインナーコーナーにアイラインを入れたり、大胆にカラーラインで遊んだりするのにも注目。眉の存在感を控えて、強いアイメークを和らげるのがポイントです。

細めにきりっと整えられた眉がトレードマークのベラ・ハディッド

――日本人にもトライしやすいテクニックは?

トレンドのインナーコーナーアイラインを、カラーアイペンシルでナチュラルに取り入れるのがかわいいと思います。日本ではリキッドタイプが人気ですが、欧米人はクレヨンっぽいテクスチャーのペンシルを好みます。リキッドのように細かい調整はしづらいですが、色付きが良いので目元にニュアンスを与えるのに使いやすいアイテムですよ。「やり過ぎかな?」とあまり心配し過ぎず、遊んでみるのがおすすめです。

目の内側のコーナーにもラインを引くと印象的な目元になる

――マスクをしながらのメークでの注意点は?

マスクを長時間することで、にきびや肌荒れを引き起こす“マスクネ”現象が頻発しています。これはマスクによって肌細胞が酸欠状態となってターンオーバーが乱れ、雑菌が溜まりやすくなっていることが原因です。

肌も呼吸が必要。できればファンデーションは使用せず、常に清潔な状態に保つのがベストです。日本人の肌はきれいなので、アイブロー、アイメーク、リップだけでも十分ですが、ファンデーションなしで外出や出勤することに抵抗があるという方も多いでしょう。そんな方は冬の乾燥対策という意味でも、保湿力のあるファンデーションを選んでみてください。資生堂の「シンクロスキン」は優秀なのでおすすめです。ただ過剰に塗布し過ぎると、ヨレたりマスクに付きやすくなってしまうので、少量を薄く伸ばすだけでOKです。またブルーベースのものは白浮きしやすいので必ず購入時にタッチアップで確認してみてください。

――注目のコスメアイテムはありますか?

「コサス」や「rmsビューティー」など、肌に有害な成分を排除し、環境に配慮した製品作りをコンセプトにする“クリーンビューティー”コスメが注目されています。肌に直接つけたり、リップなど口にしたりするものは、化学物質が含まれていない安全なものを選ぶ方が体や環境にもいいです。今後コスメを買う際は、クリーンビューティーかどうかチェックしてみましょう。

――コロナ禍でもメークを楽しむための秘訣は?

メークに対して日本人はついつい「こうでなければ」といった固定観念に縛られがちですが、メークに正解はありません。ニューヨークは多様なメークをする人が集まる街。かわいいと思ったメークを試してみることで自分の魅力の再発見や気分転換につながります。まだまだ落ち着かない状況ですが、思いのままにメークを楽しみましょう!

 

 

澤渡祥子さん

2016年に来米。
ニューヨークの名門メーク学校MUDにて資格を取得。
現在ニューヨーク在住で、有名ファッション誌の「ハーパースバザー」(タイ)、「ロフィシャル」(ロシア)など、インターナショナルに活動している。
Instagram:@shokomakeup

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。