巻頭特集

毎日をよりハッピーにしてくれるさまざまなフレグランスをご紹介

目まぐるしく不安の尽きない日々の中、好きな香りに身を包まれると不思議と心も安らぐもの。今号では毎日をよりハッピーにしてくれるさまざまなフレグランスをご紹介。香水好きもそうじゃない人も、この機会にトライしてみよう!


ビューティーディレクターに聞く
ニューヨークで楽しめるフレグランスって?

気分をリラックスさせてくれたり時には気合いを入れてくれたり、私たちの日常に欠かせないのが香りだ。欧米人に比べて日本人には香水文化があまり浸透しないともいわれるが、香水だけでなく香りを楽しめるアイテムはさまざまある。日々の身だしなみやリフレッシュのために、そんなフレグランスアイテムを日々嗜好しているという人も多いはず。

そこで、ブルックリンにあるライフスタイルセレクトショップ、ブルックリン・ビューティ・ファッション・ラボのクリエーティブディレクター、佐賀関等(さがせき・ひとし)さんにニューヨークで注目のフレグランスアイテムについて話を聞いた。

セルフケアがキーワード

「これまでは他人に向けてアピールするために香りを選ぶことが多かった中で、自宅で過ごす時間が増え、最近は自分をケアするための香りを選ぶ方向へと変化しています」と佐賀関さんは語る。

男女問わず「生活空間を充実したものにしたい」と考える人が増え、キャンドル、デュフューザー、ミストなど空間に使用するホームフレグランス商品に人気が集まっているという。

また、サステナブルを掲げる商品も続々登場し、地球環境に配慮したパッケージや香料を使用したビーガン、パラベンフリーといったフレグランス商材も主流になってきているそう。

人気の香りは、ベルガモットやラベンダー、ローズマリーといったフローラル系から、セージ、ネロリなどの爽やかな柑橘・ハーブ系など。「ゆっくりと自分自身と向き合えるような優しい香りや、屋外、自然を感じさせるようなグリーン系の香りも売れ筋です」。

中でも注目なのが、南米ペルーで自生する天然の香木で「聖なる木」としても知られるパロサントだ。空気を浄化したり、幸運をもたらす香りとして近年人気で、置くだけで森の中にいるような爽快感を味わうことができ、焚くことでバニラのような甘い香りに変化する。キャンドルやエッセンシャルオイルなどで楽しむのもおすすめだという。

香りで旅行気分も

さらに、「コロナ禍で気軽に旅行に行けない中、香りで旅行気分を味わうという人も増えています。行きたい場所の香りを家で楽しむのも今ならではの楽しみ方でしょう」と佐賀関さん。

ブルックリン・ビューティ・ファッション・ラボでは、ブルックリンの7つの地域に着想したシリーズ「セブンアロマズ」を販売しているが、ニューヨークの各エリアをテーマにした「ボンドナンバーナイン」など、さまざまな場所をテーマにした香りで好きな地に思いを馳せるのもまたいいだろう。

またニューヨークは、ナチュラルやハンドメイド志向のユニークなローカルブランドが充実しているといい、コロナ禍には香り付きのサニタイザーやステイホーム用の香りキットなどをいち早くECで販売するブランドも多くあった。当地でしか手に入らないブランドもチェックしてみよう。

「香水はちょっと苦手…」という人も、ホームフレグランスやサニタイザーなどは比較的取り入れやすいはず。好きな香りに包まれると気分もアップする。自分のライフスタイルに合わせたフレグランスアイテムをぜひ取り入れてみよう。

 

 

 

佐賀関等さん

1996年、資生堂入社。
05年から資生堂コスメティックアメリカに駐在で来米、宣伝部部長としてデザイン全般を統括。
09年に独立。
14年、ブルックリンをコンセプトにした地球と未来に優しいライフスタイルブランド「Brooklyn Beauty/Fashion Labo」を創設。
コスメを中心に大手メーカーのブランディングも務める。


 

「セブンアロマズ」はグリーンポイント、グワナス、ダンボなどの7つのエリア別に、せっけん、キャンドル、ミストなどの香り商材を打ち出している

 

 

Brooklyn Beauty/Fashion Labo

300 7th St.
Brooklyn, NY 11215
TEL: 347-987-3217
brooklynbbfl.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。