巻頭特集

肌に直接つけるものだからこだわりたい自然派スキンケア

ホリスティッハーバルケアにこだわる

手作自然派その人気理由

ハーバリスト&エステティシャンのエマ・グレイブスさんと、元アーティストのモウリー・ワトマンさんの店「ブルックリン・アーボリウム」。手作りの自然派ハーバルスキンケア商品とホリスティック系(体の内側と外側、メンタルも含む総合的なアプローチ)のフェーシャルサービスが人気だ。新型コロナの影響でしばらくクローズしていたが、7月上旬から再開している。

現在フェーシャルは施術休止中だが、肌に優しい各種スキンケア商品は依然人気だ。ここで販売されているものは全て、店の奥の作業場で手作りされたもの。30〜50の小バッチで作られるので、いつも新鮮だ。

「できるだけ国内産のオーガニックを使用する」など、自然成分の原料にこだわる。原料の多くは、対話して選定したアップステートの農家から仕入れ、ハーブ類は店前の家庭菜園で栽培(ニームの木のハーブなどは国産がないため輸入)。環境問題にも取り組み、熱帯林を破壊するパーム油は使用しないなど、徹底したこだわりを見せる。

 

「子どもを授かったのが自然派に目覚めたきっかけ」と話す、共同オーナーのモウリーさん(右)とエマさん。笑顔がすてきな2人

 

現在はコロナ対策グッズも

ベストセラーは、洗顔後に化粧水いらずの保湿用ミネラルミスト(36ドル〜)とオイル(35ドル〜)のセット。乾燥した肌をしっとりさせてくれるばかりか、優しい自然の香りで癒やしを与えてくれる優れモノだ。

また再開後、新型コロナ対策関連グッズのコーナーも設置した。肌に優しいハンドサニタイザー(14ドル)、潤いを保ってくれるハンドソープ(6ドル)、肌感触の良いマスク(20ドル)なども見逃せない。

ところで、なぜ手作りが良いのかと聞いてみると、「自然の成分を使用しているので、肌トラブルがより早く改善され、より良い状態に整えてくれるんです」とモウリーさん。

「ホリスティックは、マインドも含めて全体的に良い影響を与えてくれます。私たちのメソッドは、祖母の代から受け継がれているハーバリズムをベースに、アーユルヴェーダやマインドフルネスなど、これまで学んできたさまざまなメソッドの良さを組み合わせていて、自然治癒力を助けるんです」(エマさん)

ファンデーションや日焼け止めクリームを使わない2人の肌が驚くほどきれいなのが、何よりの「手作りの良さ」の証明だ。

 

本店奥にある作業場。ここですべての商品が手作りされている

 

この日はちょうど、湯船に入れる入浴剤「Herbal Sitz Bath」(15ドル)を作っていた

 

Brooklyn Herborium
Windsor Terrace Workshop

1301 Prospect Ave. Brooklyn, NY 11218
TEL: 917-909-0569
Brooklynherborium.com
区内に支店あり
(275 Columbia St.)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。