今週のニュースダイジェスト<〜2月23日>

1週間のNY近郊の話題をチェック


<ニューヨークシティー>

トランプに巨額罰金 3年間の役員就任禁止

16日、ドナルド・トランプ前大統領に対する民事詐欺裁判で、ニューヨーク州高位裁判所のアーサー・エンゴロン判事は3億5500万ドルの罰金支払いと3年間の州内企業の役員就任禁止を命じた。同日付パッチが伝えた。2022年に訴訟を提起したレティシア・ジェームズ州司法長官は、有利な融資条件を引き出すためにトランプ氏が資産を36億ドル水増したと主張。トランプ氏は訴訟を「政治的魔女狩り」と非難し、判事を「変人」「急進左派の民主党工作員裁判官」と呼んだり、2カ月に及ぶ裁判にしばしば出廷し、発言禁止命令に違反して罰金を課せられたりと物議を醸した。

若者の心身に悪影響 市がSNS5社を提訴

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は14日、若者のメンタルヘルス危機を助長しているとして、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブ、ティックトック、スナップチャットのソーシャルメディア(SNS)5社をカリフォルニア州高位裁判所に提訴した。同日付ゴッサミストが伝えた。過去約10年で心の問題を抱える生徒が増加し、市は青少年の心のケアに年間1億ドル以上支出している。市保健局長はSNSを中毒性を持つよう意図的に設計された「公衆衛生上の危機要因」に指定しており、SNSの影響に対して全国で多くの学区が同様の訴訟を起こしている。

<マンハッタン>

ホテル所有者を詐称 テナントに家賃請求

2019年5月から23年9月にかけ、マンハッタン区ミッドタウン地区のニューヨーカーホテル所有者を詐称した男が不動産記録改ざんなどで14日に起訴された。同日付ニューヨークポストが伝えた。ミッキー・バレット被告(48歳)は18年に1泊した後、家賃安定化法に基づく賃貸契約を要求。退去を求めた所有者の世界基督教統一神霊協会を訴え、帰還を認める裁判所命令と1年間の家賃無料を得た。市税務局には判決は所有者である証明だと主張、テナントに家賃を請求し、フランチャイザーのウィンダム社に加盟権譲渡を求めた。同被告は「詐欺行為はない」と無罪を主張している。

<ブルックリン>

スケートパーク計画 住民間で賛否両論

ブルックリン区のマウントプロスペクトパークに建設予定のスケートパークに賛否両論が起きている。16日付PIX11が伝えた。エリック・アダムス市長は1月の一般教書演説で、「スケートパークプロジェクト」財団と協力し、3年以内に娯楽空間が不足する地域の4つの公園にスケートパークを建設すると発表した。「フレンズ・オブ・マウントプロスペクト・パーク」のベンジャミン・ロウ共同議長は4万平方フィートのコンクリート施設建設による自然破壊を懸念するが、クリスタル・ハドソン市議会議員は緑地への影響を抑え、改修と照明設置で園内は改善すると主張する。

<クイーンズ>

警官集団暴行の犯人 保釈中に強盗で逮捕

先月27日にタイムズスクエアで起きた移民集団による警官襲撃事件で逮捕された男が14日、クイーンズセンターモールでの集団強盗容疑で再逮捕された。15日付ABC7ニューヨークが伝えた。600ドル相当の衣類を盗んで逃走し、強盗と軽窃盗で起訴されたダーウィン・アンドレス・ゴメス・イズキエル被告(19歳)は、警官襲撃事件で逮捕後、保釈金なしで釈放されていた。13日には同事件の容疑者で、当初バスで州外に逃げていた3人がブロンクス区で逮捕され、逮捕者で唯一勾留中だったヨーエンリー・ブリト被告(19歳)が保釈金1万5000ドルで釈放された。

<オールバニ>

万引き対策を強化 4500万ドル支出

ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は14日、州内で増加する万引き対策に4 5 0 0 万ドル支出すると発表した。同日付amニューヨークが伝えた。ニューヨーク市では2017〜23年に万引き件数が50%増え、逮捕者は約2万5000人、被害は約6万4000店に上る。法執行機関の連携を図る「小売店窃盗共同作戦」、州警察「スマッシュ&グラブ取締班」、犯人訴追のための地方検事局「小売店窃盗班」組織のほか、店舗にセキュリティー対策強化のための税控除を行う。また第三者による盗品販売の犯罪化や従業員への暴行に対する罰則強化などの法改正を州議会に求めた。

<ロングアイランド>

スオッジ氏補戦勝利 民主党が下院議席奪還

13日、詐欺や経歴詐称で米下院を除名されたジョージ・サントス元議員の議席を争う第3区補選で、民主党のトム・スオッジ氏が共和党のマジ・ピリップ氏を下した。同日付NY1が伝えた。スオッジ氏は以前、同区の下院議員を3期務め、2022年州知事選出馬のため辞任した。登録は民主党員だが共和党候補となったナッソー郡議会のピリップ議員は、エチオピア生まれの正統派ユダヤ教徒。イスラエル移住後に国防軍兵士となり、05年に米国に移住した。下院の議席差は共和党219、民主党213に縮まったが、任期は来年1月までで、11月に再び選挙が行われる。

<ニュージャージー>

アイスホッケー試合 メットライフで開催

NFLのニューヨークジェッツとニューヨークジャイアンツの本拠地であるイーストラザフォードのメットライフスタジアムで、17、18日にNHLスタジアムシリーズが開催された。18日付CBSニューヨークが伝えた。17日はニュージャージーデビルズがフィラデルフィアフライヤーズを6対3で下した試合を約7万人が観戦。18日、ニューヨークレンジャーズの選手はNYPDとFDNYのユニフォーム姿、ニューヨークアイランダーズは消防車で入場。同シリーズ観客数歴代3位の約8万人がレンジャーズが6対5でアイランダーズを制した接戦に熱狂した。

<コネティカット>

スタンフォード住民 学校祝日除外に抗議

コネティカット州スタンフォードの教育委員会が、コロンブスデーと退役軍人の日を今後2学年度、スクールホリデーから除外すると決定したことに住民が抗議し、撤回を求めている。16日付FOX5ニューヨークが伝えた。提案したジョシュア・エセス委員は、州法は180日の登校日を義務付けているが、祝日のせいで学期が6月中旬まで長引いているとし、同様にイスラム教の祝日の除外も提案したが却下された。住民や保護者はこれらの祝日について学ぶことは重要だと決定に反発。地元紙によると、昨年も同様の提案がなされたが地域社会の反対を受け白紙となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。