野球のスター、大谷翔平がLAドジャースと7億円の契約

大谷翔平が歴史的な7億ドル契約にサインした。ロサンゼルス・ドジャースと正式に契約したのだ。プロスポーツ界の憧れの的としての大谷の地位は確固たるものとなった。彼は今、北米で最も高給取りのプロスポーツ選手である。

大谷はLAドジャースと10年契約を結んだ。この契約は、それまでの野球選手の記録を塗り替えた。また、サッカーやバスケットボールの有名選手の契約も上回った。Olympics.comによると、大谷翔平の契約は、サッカー選手のキリアン・ムバッペが2022年にパリ・サンジェルマンと結んだ6億7900万ドル、リオネル・メッシが2017年にバルセロナと結んだ6億7400万ドル、クリスティアーノ・ロナウドがアル・ナスルと結んだ5億ドルなど、著名なスポーツ選手の契約を上回る。

彼の契約は、2023年にジェイレン・ブラウンが結んだアメリカのバスケットボール界最大の契約よりも大きい。この契約は2億400万ドルで、ジェイレンのセルティックスでの在籍期間を延長した。

大谷の傑出したキャリア

大谷の北米最高年俸アスリートへの道のりは、日本から始まった。2013年、18歳で日本プロ野球リーグの北海道日本ハムファイターズに入団。その巧みなプレーで瞬く間に人気者になった。

23歳になった大谷は、2017年にロサンゼルス・エンゼルスと契約し、メジャーリーグ(MLB)に入団した。エンゼルスとの6年契約はわずか54万5000ドル(約5000万円)で、その優れた成績からリーグ幹部は彼の価値を2億ドル以上と見積もっている。しかし、25歳以下の外国人選手はリーグから最低賃金の年俸しかもらえないというルールがある。大谷はスムーズにメジャーリーグに適応し、並外れた野球選手として際立っている。

彼はバッティングとピッチングに秀でた稀有な才能の持ち主で、2021年と2023年のオールスターゲームに投手と打者として唯一出場した。また、2023年は怪我でシーズンを棒に振ったが、両年とも最優秀選手のタイトルを獲得した。

2023年のワールド・ベースボール・クラシック優勝でも、彼の素晴らしい活躍が示された。日本にとって大きな節目となったこの大会で、大谷は日本をアメリカとの優勝に導いた。

大谷はアメリカのオールスター選手、マイク・トラウトを相手に素晴らしい投球を見せた。100マイルの送球を投げ、6球目でアメリカの打者を三振に仕留めた。大会MVPに輝いた。

「夢が叶いました。試合を締めくくることができてほっとした。でも、この大会が終わってしまったのは残念だ” 彼は3月の試合後、BBCから引用したように記者団に言った。

プロ野球オッズをチェックし、大谷が今後の試合でどのような活躍を見せるか、ファンはワクワクする。彼の才能と予測不可能性は、野球ファンにとって毎試合を期待とスリルの源にしている。

インスピレーションを与える人物

スキャンダルやタブロイド紙のゴシップがない大谷の清廉潔白な評判は、野球界のスーパースターとしての彼の地位にさらなる輝きを添えている。親しみを込めて “ショータイム “と呼ばれるこの日本の天才は、野球以外の活動には非常に慎重である。

「大谷は酒を飲まず、タバコを吸わず、お金に無頓着だ。それが彼のユニークな魅力のひとつだ」と、日本の野球本の著者であるロバート・ホワイティング氏は言う。

BBCが報じたように、彼はさらに「多くの人が貪欲と権利に夢中になっているように見える野球の世界で、彼は純粋主義者であり、史上最高の野球選手になることだけを考えている修行僧だ」と付け加えた。

彼の慈善活動はまた、地域社会に良い影響を与えようとする決意の表れでもある。先月、大谷は日本の小学校に6万個の野球グローブを寄付した。彼は2023年11月9日、自身のインスタグラムのアカウントを通じてこの発表を行い、日本の子供たちに毎日楽しく野球をして過ごしてほしいと語った。このチャリティーは、スポーツブランドのニューバランスとのコラボレーションによって行われた。

野球界で新たな一歩を踏み出した大谷のキャリアの進化は、彼の卓越した運動能力と将来的な社会貢献活動を反映している。

※この記事はMotharLink社からの記事になります。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。