世界が注目する投稿

著名人の最近のSNSによる表明やつぶやきをチェック!

著名人の最近のSNSによる表明やつぶやきをチェック!

世界が注目する投稿


 

©Aflo

投稿@X

イーロン・マスク氏(スペースX 創設者兼CEO、テスラ共同創業者兼CEO)

2023年12月8日 午前5時53分

Grok AI (beta) is now rolled out to all X Premium+ subscribers in the US. There will be many issues at first, but expect rapid improvement almost every day. Your feedback is much appreciated. Will expand to all English language users in about a week or so. Japanese is next priority (2nd biggest user base) and then hopefully all languages by early 2024.

Grok AI(ベータ版)は現在、米国内のすべてのX Premium+ 加入者に展開されています。最初は多くの問題があるでしょうが、ほぼ毎日急速な改善が期待できます。ご意見をお待ちしております。約1週間ほどですべての英語ユーザーに拡大され、次に優先されるのは日本語(2番目に大きいユーザーベース)、さらに2024年初めまでにすべての言語に対応することが望まれます。


 

©Aflo

投稿@Threadsマーク・ザッカーバーグ氏(メタCEO)

2023年11月第3週

Testing a way to categorize your posts with a tag. Starting in Australia with more countries coming soon.

投稿をタグで分類する方法をテストしています。まずはオーストラリアからスタートし、さらに多くの国で近々展開予定です。


© president.gov.ua

投稿@Xウォロディミル・ゼレンスキー氏(第6代ウクライナ大統領)

2023年12月7日 午前2時37分

I am grateful to Japan and Prime Minister @Kishida230for the decision to provide an additional $1 billion in assistance to Ukraine as well as their readiness to further increase the total to $4.5 billion. This is significant support for the recovery of Ukraine and our economy. Japan stands firmly with Ukraine and our people. We will keep working together to bring our common victory closer.

ウクライナへの追加支援10億ドルの決定及び、それをさらに45億ドルまでに増額する用意について、日本及び岸田首相@Kishida230に感謝します。これは、ウクライナと我が国の経済の復興にとって重要な支援となります。日本はウクライナとウクライナ国民とともにあります。私たちは共同の勝利を近づけるために協力し続けます。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。