フードパントリー 助成金削減で困難<ブロンクス>

ホリデーシーズンと移民の急増で食料品の需要が高まる中、ブロンクス区で食料配給を行う非営利団体「POTS」は、州からの助成金削減で配給できる量が減少したと述べた。先月25日付CBSニューヨークが伝えた。団体のディレクター、クリスティーナ・ハンソン氏によると、15年間受けてきた資金が7月に年間95万ドル削減され、スタッフや食材などのコストで運営状態が厳しくなっている。州に働きかけ30万ドルを取り戻したが、配給する生鮮食品や牛乳の量を制限し、缶詰の利用に大きく頼らなければならなくなっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。