フードパントリー 助成金削減で困難<ブロンクス>

ホリデーシーズンと移民の急増で食料品の需要が高まる中、ブロンクス区で食料配給を行う非営利団体「POTS」は、州からの助成金削減で配給できる量が減少したと述べた。先月25日付CBSニューヨークが伝えた。団体のディレクター、クリスティーナ・ハンソン氏によると、15年間受けてきた資金が7月に年間95万ドル削減され、スタッフや食材などのコストで運営状態が厳しくなっている。州に働きかけ30万ドルを取り戻したが、配給する生鮮食品や牛乳の量を制限し、缶詰の利用に大きく頼らなければならなくなっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。