アダムス市長を告発 30 年前の性的暴行<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長が30年前に性的暴行を加えたとしてフロリダ州の女性から告発された。先月23日付ニューヨークタイムズが伝えた。訴状によると、当時女性とアダムス氏は共に市の職員で、アダムス氏がニューヨーク市警の交通局に配属されていた1993年に暴行があり、女性は雇用差別や精神的苦痛も受けたとして、同氏と部署を相手取り500万ドルの賠償金を求めている。市長はこれを否定し、女性とは面識がないと述べた。提訴は先月22日、過去の性的暴行に関して訴訟を起こせる「アダルト・サバイバーズ法」の猶予期間が切れる2日前に行われた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。