デッドモールが変身 ピックルボールコート<コネティカット>

スタンフォード・タウンセンター内の8万平方フィートのスペースに米国最大のインドア2階建てピックルボールコートが登場している。17日付FOX5ニューヨークが伝えた。サックス・フィフス・アベニューの店舗跡に作られた「ピックルボール・アメリカ」は、トーナメントやイベントを開催し、誰もが気軽にプレーできる最新スポーツ施設だ。共同設立者のミア・シパニ氏は、「自宅にいて買い物をする時代になったが、人々は健康的なアクティビティーを求めている」と述べ、稼働率の低いモールは買い物より健康とウェルネスのトレンドに合わせた転換を図っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。