犯罪歴を封印 知事が新法に署名<オールバニ>

ニューヨーク州のキャシー・ホークル州知事は16日、州の約230万人の犯罪記録を釈放の一定期間後に自動的に封印する「クリーン・スレート法」に署名した。同日付NY1が伝えた。軽犯罪は判決から3年、重罪の場合は釈放から8年後に犯罪歴を抹消する法で、A級の重罪や性犯罪者などには適用されない。保護観察や仮釈放中でなく、未解決の起訴がないことも条件となる。共和党議員らは公共安全への懸念から反発してきたが、知事は罪を償った人の職探しや住宅確保を助け、労働者不足の解決にも繋がると支持してきた。同州はこの法律を可決した全米11番目の州となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。