空き家から麻薬と銃 密売人を逮捕<クイーンズ>

クイーンズ地方検事局のメリンダ・カッツ検事は1日、ベルローズ地区の空き家に麻薬や銃を保管していたビクター・ロドリゲス被告(43歳)の起訴を発表した。同日付PIX11が伝えた。5月に5年間空き家だった家屋が売却され、麻薬と銃を見つけた請負業者が警察に通報。大量の拳銃や弾丸、時価1000万ドル以上のヘロイン、フェンタニル、コカインが発見された。現場は麻薬の製造・梱包に使われていたとみられ、監視カメラに出入りする同被告が写っており、医薬品製造・包装に使われるマスクから同被告のDNAを発見。有罪になれば25年以上の終身刑となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。