運輸長官が市を訪問 プロジェクトに資金<マンハッタン>

ニューヨーク市を訪問したピート・ブティジェッジ運輸長官は、市内2つの交通プロジェクトへの連邦資金提供を発表した。2日付NY1が伝えた。政府が2年前に超党派で成立させた1兆ドルのインフラ法案の一環で、老朽化した鉄道トンネルに代わり、ハドソン川の下を通ってマンハッタン区とニュージャージー州を結ぶ「ゲートウェイ・トンネル」建設計画に連邦交通補助金で史上最高となる70億ドル、Qラインをイーストハーレム地区に延伸する地下鉄2番街線の次のフェーズに34億ドルを提供する。賛否両論の混雑税に関しては「政府は支持や反対する立場にはない」とした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。