交通指導員が死亡 ダンプにはねられる<クイーンズ>

20日朝、クイーンズ区ウッドヘブン地区で勤務中の交通指導員クリスティナ・ナプラワさん(63歳)がダンプにはねられて死亡した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。警察によると、道路の横断を誘導していたナプラワさんを右折してきたダンプがはねた。運転手のヘクター・イエペス被疑者(39歳)には、歩行者を優先をせず、適切な注意を怠ったとして出頭命令書が出された。ナプラワさんは40年前にポーランドから移住、2010年から続けていたこの仕事を愛し、地元の人々にも慕われていた。市内では過去数カ月間で交通指導員3人が交通事故に遭っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。