ナイトマーケット 安全上の懸念で閉鎖へ<ブロンクス>

7年間に渡り、バラエティーに富んだ20カ国の料理をコミュニティーに提供してきたブロンクス・ナイトマーケットが今月28日で終わりを迎える。12日付ニューヨークポストが伝えた。小規模ビジネスを支援するため、2017年にこのフードマーケットを立ち上げたマルコ・シャルマさんは、5月〜10月に月一度のマーケットを開催してきたフォーダムプラザの環境が悪化したこと、地域の犯罪率の上昇による主催者側とベンダーへの安全面の懸念、またスポンサー不足などの理由から閉鎖を決断したと述べた。28日、最後のナイトマーケットは午後1時から7時まで行われる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。

Vol. 1223

ラジオシティー・ミュージック・ホール魅力

ニューヨークに住んでいると一度は訪れたことがあると思われるラジオシティー・ミュージック・ホール。冬の公演、『クリスマス・スペクタキュラー』のロケッツはもちろん、長い歴史の裏側は意外と知られていない。今号では、知っているようで意外と知らない同ホールについて紹介していく。