昆虫密輸で起訴 価値20万ドル以上<ロングアイランド>

蝶、蛾、セミなどの昆虫20万ドル相当以上を密輸していたサフォーク郡の男が10日起訴された。11日付ゴッサミストが伝えた。チャールズ・リマー被告(75歳)は仲間と共謀し、昨年10月から先月まで昆虫類をオンライン上で販売していた。ソロモン諸島から違法入手した「バードウィングス」という巨大な蝶なども含まれ、出荷には「折り紙細工」、「壁飾り」などのラベルを付け密輸を隠蔽していた。生死を問わず野生生物の輸出入には許可証と米国魚類野生生物局へ申告が義務付けられるが、被告の許可証は昨年停止されていた。有罪になれば最高20年の禁固刑になる可能性がある。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。