ゴミ処理場が公園に フレッシュキルズ<スタテンアイランド>

かつて世界最大のごみ処理場だったフレッシュキルズをセントラルパークの3倍の広さの都市公園に作り変える工事が進む中、最初に開かれるノースパーク区域で15日、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長らがテープカットを行った。同日付amニューヨークが伝えた。21エーカーの区画には、歩行者やサイクリング用の道路、ピクニックエリア、アスレチックコートなどがあり、野生生物保護区へアクセスもできる。スー・ドノヒュー公園局長は、ごみ処理場の緑地への転換は「島にとって真に変革的なプロジェクト」とし、市民や世界中からの観光客の宝になると語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。