世界が注目する投稿

著名人の最近のSNSによる表明やつぶやきをチェック!

著名人の最近のSNSによる表明やつぶやきをチェック!

世界が注目する投稿


 

投稿@X

イーロン・マスク氏(スペースX 創設者兼CEO、テスラ共同創業者兼CEO)

2023年9月29日 午後1時26分

Illegal immigration needs to stop, but I’m super in favor of greatly expanding and simplifying legal immigration. Anyone who proves themself to be hard-working, talented and honest should be allowed to become an American. Period.

(不法移民は止めるべきですが、私は合法的な移民を大幅に拡大し、簡素化することには大賛成です。勤勉で、才能があり、正直であることを証明する人は誰でもアメリカ人になることを許されるべきです。以上。)


 

投稿@Threadsマーク・ザッカーバーグ氏(メタCEO)

2023年9月第3週

Priscilla and I are optimistic about AI helping scientists to cure, prevent or manage all diseases this century. We’re starting a new project atCZI to build a virtual cell to predict how every cell in the human body will behave — healthy or diseased. To do this, we’re building one of the largest AI compute clusters in non-profit life sciences. We’re hopeful this will help scientists make new discoveries and find new treatments.

(プリシラと私は、AIが今世紀中に科学者によるあらゆる病気の治療、予防、管理に役立つと見ています。CZIでは、人体のすべての細胞がどのように動作するか(健康か病気かなど)を予測する、仮想細胞を構築する新しいプロジェクトを開始しています。 これを行うために、私たちは非営利のライフサイエンス分野で最大級のAI計算クラスターを構築しています。 これにより科学者たちが新たな発見をし、新たな治療法の発見に役立つことを期待しています。)


© president.gov.ua

投稿@Xウォロディミル・ゼレンスキー氏(第6代ウクライナ大統領)

2023年9月27日 午後4時32分

Whatever happens in the world, whatever the external circumstances are, we in Ukraine must remember that only our own terms, our own internal attitude toward Ukraine, toward our freedom, and toward our goals define when we will achieve our aim. The main aim. Ukraine’s victory.

(世界で何が起きようと、外的状況が何であれ、私たちウクライナ人は、ウクライナ独自の条件、自由、そして目標に対する私たち自身の内なる姿勢だけが、その目標をいつ達成できるかを明示していることを忘れてはいけません。最も重要な目標。ウクライナの勝利。)※動画あり

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。