9.11の式典厳粛に グラウンドゼロ<マンハッタン>

米同時テロから22年目となった11日、グラウンドゼロで式典が行われ、参列者はカマラ米副大統領、ニューヨーク州のシューマー上院議員、ホークル州知事らと犠牲者を追悼した。同日付ニューヨークタイムズが伝えた。式典では毎年犠牲者名の読み上げが続けられている。当時NYPDの警察官で当日の現場を目撃したアダムス市長は、テロの翌日には立ち上がり、不屈の精神を示したニューヨーク市を称えた。式典の3日前、市は新たに犠牲者2人の身元を確認したと発表。未だ1100人以上は不明のままだが、監察医は最新科学を駆使し特定を続けると約束した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。