救助された子犬 消防署に「就職」<コネティカット>

コネティカット州イーストヘブンで、約50度の暑さとなった車内に閉じ込められた子犬が、救助した消防署に引き取られた。先月31日付PIX11が伝えた。イーストヘブン消防隊員が子犬を発見した時、周囲には誰もおらず、道具を使って車を開け、動物管理担当者が保護した。マシュー・マルカレリ署長は「飼い主が子犬を放棄したため、署の一員にすると決めた」と話した。町長が市民から名前を募集すると7000通の応募があり、リッグスと名付けられた。リッグスの仕事は街のコミュニティー・エンゲージメントで、隊員のサポートも行う。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。