クリケット場建設 地元議員や住民が反対<ブロンクス>

来年5〜6月のクリケット・ワールドカップをブロンクス区のバン・コートランド・パークで開催する案に、地元選出議員や住民らが1日に記者会見を開いて反対を表明した。2日付NY 1が伝えた。20エーカーの既存のクリケット場を利用した最大3万4000人収容の仮設スタジアムの建設が来年1月にも始まる。市は1億5000万ドルの経済活動と数千の雇用を生む可能性があるとするが、リッチー・トーレス下院議員は「地元の同意も公的手続きもなく、地方自治体が公有地を民間組織に長期間使用させることはできない」とし、工事延期のための法的措置を検討すると話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。