レイバーデーの週末 ドローンで安全強化<ニューヨークシティー>

NYPDは先月31日、レイバーデーの週末に行われるイベントの監視にドローンを使用すると発表した。同日付ゴッサミストが伝えた。パーティーの騒音などの通報にドローンを派遣、画像を本部に送信し、現場に向かう警官の数を決定する。2020年に5人が射殺されるなど、ジュベのお祭りやウェスト・インディアン・デー・パレード周辺では過去に暴力事件が起きており、パレードが行われるブルックリン区の中心や南部に警官数千人を動員。週の初めには地元分署が「ギャングリーダー」と協力して停戦警告を発した。一方で活動家は警察の取り締まりは過剰だと批判した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。