移民に労働と教育を 連邦政府に要請<ニューヨークシティー>

先月31日、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長が集会を開き、難民申請者が労働許可証と教育を受けられるよう連邦政府に支援を要請すると発表した。同日付ABC 7ニューヨークは伝えた。30日にキャシー・ホークル州知事が連邦政府と協議し、31日より税関・国境取締局アプリでの入国申請に受理通知の送信を開始、国土安全保障省が近く難民申請受付のリソースを提供する。また追加支援6億ドルを議会に要請した。昨年、移民子女約1万9000人を受け入れた公立学校は、さらに数千人が入学する新学期にESL教師3400人、バイリンガル教師1700人を増員した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。