クーラーボックス 直撃から事故死<ブロンクス>

先月23日、ブロンクス区で行われたおとり捜査で麻薬捜査官に麻薬を販売したエリック・デュプレイさんが、逃げている際にNYPDの警部補からクーラーボックスを投げつけられ、オートバイが制御を失い、車に衝突して死亡した。先月24日付ニューヨークタイムズが伝えた。警察当局によると、クーラーボックスを投げたエリック・デュラン巡査部長は勤続13年目のベテラン警官で、30日間の停職処分を受けた。NYPDは、司法長官の捜査を助け、「事実関係を究明し、徹底した透明性のある調査を行うと約束する」と声明で述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。