大谷と千賀が対決 メッツ、敗戦で最下位<クイーンズ>

先月25日、シティ・フィールドでニューヨークメッツ対ロサンゼルス・エンゼルス戦が行われ、大谷翔平選手が3回に二塁打を放ち、エンゼルスが3-1で勝利した。メッツは59勝70敗でナショナルリーグ東地区の最下位に転落した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。二刀流のスーパースターが数日前のシンシナティー・レッズ戦で肘の靭帯を損傷した直後の試合だった。「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」を祝ったこの日は3万8271人の観衆が集まり、メッツの千賀滉大投手と大谷選手の日本人同士の対決が見られた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。