USオープン開幕 ファンが集結<クイーンズ>

先月28日、クイーンズ区フラッシング・メドウのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターでUSオープンテニスが開幕し、選手のサインを求めるファンが詰めかけた。同日付CBSニューヨークが伝えた。今年は90万人を超える集客がある見通しで、うち4割以上がトライステート以外、また2割は海外から訪れると見込まれている。ファンウィーク中の来場者数は過去の記録を更新した。大会期間中、同地区でメッツのホームゲームがあることから、関係者は公共交通機関の利用が最適だとしている。MTAは夜間の7トレインの運行数を増やして対応する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。