デモが暴力的に スリワ氏ら逮捕<マンハッタン>

マンハッタン区のグラマシーマンションの前で先月27日、ニューヨーク市の亡命希望者受け入れ政策ををめぐって支持派と反対派が激しく衝突して暴力沙汰となり、ガーディアン・エンジェルス創設者のカーティス・スリワ氏を含む4、5人が逮捕された。同日付PIX11が伝えた。81度目の逮捕となったスリワ氏ら反対派は、受け入れにライカーズ島の活用をあげ、「十分なスペースと空きビルがある。半年滞在して審査を受け、ワクチン接種を経て仕事を見つけに行けば良い」と述べた。一方、支持派は「我々は皆移民だ」と述べ、自分達と変わらぬ人間として見るべきだと主張した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。