ドローン活用増加へ NYPDが発表<ニューヨークシティー>

NYPDのジョン・チェル巡回局長は先月27日、警察用ドローンの使用拡大の計画を発表した。同日付ゴッサミストが伝えた。パトカーより早く現場へ行き上空からの状況把握が可能なドローンについて、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長もオートバイの警官と組み合わせることにより迅速な対応ができると述べた。市内に設置されたマイクのネットワークで銃声の位置を特定するショットスポッターの警報にもドローンで対応できるとするが、マイクと夜間ビジョンを備えた警察用ドローンの使用は市民の自由を脅かし、抗議者の監視に利用されかねないとの指摘も上がっている。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。