NYUの外科医 豚の腎臓移植が成功<マンハッタン>

ニューヨーク大学ランゴーン医療センターの外科医が脳死した男性に移植した豚の腎臓が32日以上機能している。16日付FOX5ニューヨークが伝えた。脳腫瘍で脳死と判定されたモーリス・ミラーさん(57歳)に移植された、ゲノム編集腎臓は拒絶反応もなく機能している。移植を行ったロバート・モンゴメリー博士は今後も観察を続けるが、「腎臓は研究用に繁殖した豚のもので、この豚を繁殖させることができれば、国内に10万人近くいる移植が必要な患者に腎臓を提供できるかもしれない」と話し、近い将来、臨床試験段階に進むことを期待している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。