行方不明の9歳児 水死体で発見<ブルックリン>

16日、ブルックリン区レッドフックのイケアで行方不明になった9歳の男児の遺体が近くの海岸線で発見された。17日付CBSニューヨークが伝えた。ハセブル・ネーハン君は非言語性自閉スペクトラム症で、午後9時頃に店からいなくなった。監視カメラにエリー泊渠につながる裏口から出る姿が写っており、NYPDとFDNYがドローンや船、ダイバー、警察犬を動員して捜索し、約3時間後に水中で死亡していたネーハン君を発見した。母親のアビダ・スルタンさんは「ネーハンは海や川を見るのが好きだった。言葉を話せないので助けを呼べなかったに違いない」と涙した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。