魚が犯人か? 大規模停電原因判明<ニュージャージー>

12日にニュージャージー州ローワー・セイアビルで起きた大規模停電の原因は、鳥が変圧器上に落としたと思われる魚だった。19日付NY 1が伝えた。2100戸に2時間近く影響を与えた停電に対処していたジャージー・セントラル・パワー&ライト社の従業員が変圧器上に魚を発見。同社の広報担当は「動物、特にリスが停電の一般的な原因だが、魚は珍しい。恐らく近辺に多く生息するミサゴの仕業だろう」と話した。同社によると、ミサゴは10年弱前までは絶滅危惧種で、巣の調査や監視、同社設備や送電線に近い巣の移動を含む、ミサゴや猛禽類の保護プログラムを実施している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。