オフィスを住宅転用 約2000戸創出<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は17日、空きオフィスビルを住宅に転換し、2万戸の住宅を創出する2つの新計画を発表した。同日付amニューヨークが伝えた。「ミッドタウン・サウス多目的利用地区計画」では、マンハッタン区ミッドタウンの23〜40ストリート間と5〜8アベニュー間の42ブロックを再区画し、現在はオフィスや店舗など商業用途のみに制限されている建物の住宅使用を許可する。また「オフィス転換促進プログラム」では、オフィスの住宅転用のための煩雑な手続きの簡素化を図り、1990年以前の建物は自動的に再区画され住宅転用が可能になる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。