サメ襲撃から再開へ ロッカウェービーチ<クイーンズ>

ニューヨーク市公園局は、海水浴客がサメに噛まれた7日夕方から遊泳禁止としていたロッカウェービーチを、その後サメの姿が見られなかったため9日に再開し、NYPDとFDNYが監視を続けた。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。サメに襲われたのは65歳の女性で、遊泳中に左脚を噛まれて重体となった。同ビーチで人がサメに襲われたのは1953年以来。水質向上やサメの餌になる魚の繁殖などが影響し、ニューヨーク市やロングアイランドのビーチでサメの目撃が増加しており、野生生物保護協会は海での警戒を呼びかけた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。