サメ襲撃から再開へ ロッカウェービーチ<クイーンズ>

ニューヨーク市公園局は、海水浴客がサメに噛まれた7日夕方から遊泳禁止としていたロッカウェービーチを、その後サメの姿が見られなかったため9日に再開し、NYPDとFDNYが監視を続けた。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。サメに襲われたのは65歳の女性で、遊泳中に左脚を噛まれて重体となった。同ビーチで人がサメに襲われたのは1953年以来。水質向上やサメの餌になる魚の繁殖などが影響し、ニューヨーク市やロングアイランドのビーチでサメの目撃が増加しており、野生生物保護協会は海での警戒を呼びかけた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。