移民対策費が危機 財政支援を再び要請<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は9日、市の移民対策費が来年末までに122億ドルに達するとして、再度バイデン政権に予算危機回避のための財政支援を求めた。同日付NBCニューヨークが伝えた。市は昨年春から10万人近い移民を受け入れ、シェルターは収容限界を迎えているが、連邦政府がこれまでに約束した1億6000万ドルの支援はまだ受け取っていない。市長は「我々の思いやりは無限でも資金はそうではない」とコメントした。キャシー・ホークル州知事はすでに割り当てた10億ドルに加え、さらに10億ドルの支援を州議会に要請すると述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1218

お洒落を楽しむ秋 ニューヨークのメンズファッション

秋の気配が漂ってきた今日この頃、ワードローブも夏物から秋物へと入れ替える時期。本号ではニューヨークのメンズファッション情報を紹介。季節の変わり目のお買い物に役に立つトレンドや最旬メンズブランドをチェックしよう。

Vol. 1217

紅茶をめぐる冒険

初秋の訪れとともに飲みたくなるのがポットで淹れた紅茶。茶葉やブレンドによって異なる香りと味は、私たちをくつろぎと恍惚の世界に誘い、またある時は懐かしい記憶を辿る道標にもなってくれる。極上の一杯を求めて、ニューヨーク紅茶めぐりの旅、はじまりはじまり。

Vol. 1216

進化し続けるトイレの世界

日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴といえるトイレ。高品質なだけでなく、利便性の面でも多種多様な機能を備え進化し続ける日本のトイレ製品。日米のトイレ事情の違いなど、今号ではさまざまな角度からトイレについて学んでみよう。

Vol. 1215

今気になるヘアサロン&大人の男が通う新・バーバー

コロナ禍で指名のスタイリストが帰国したり、お店がクローズしたりと何かとアップデートが必要になるヘアサロン事情。髪質やニュアンスの違いを理解してくれるのはやっぱり日系のサロンという人も多いだろう。髪の悩みやイメージチェンジなど、顧客のさまざまなリクエストに応えてくれるヘアサロンを特集。