移民対策費が危機 財政支援を再び要請<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は9日、市の移民対策費が来年末までに122億ドルに達するとして、再度バイデン政権に予算危機回避のための財政支援を求めた。同日付NBCニューヨークが伝えた。市は昨年春から10万人近い移民を受け入れ、シェルターは収容限界を迎えているが、連邦政府がこれまでに約束した1億6000万ドルの支援はまだ受け取っていない。市長は「我々の思いやりは無限でも資金はそうではない」とコメントした。キャシー・ホークル州知事はすでに割り当てた10億ドルに加え、さらに10億ドルの支援を州議会に要請すると述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。