ギルゴビーチ殺人 被害者の身元を公表<ロングアイランド>

サフォーク郡地方検事は4日、ギルゴビーチ周辺で発見された遺体十数体のうち一人の身元を新たに公表した。同日付ゴッサミストが伝えた。2011年に発見され、「ファイアー・アイランドのジェーン・ドウ」と呼ばれていた遺体は、セックスワーカーで1996年以来行方不明だったカレン・ベルガタさん(当時34歳)のもの。当局は、22歳に新しいDNA技術により身元を特定したが、容疑者に知られる恐れがあるとして公表していなかった。一連の殺人事件の犯人として逮捕されたが無罪を主張しているレックス・フールマン被告の犯行かは証明されていない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。