親子無理心中か? 父が非番警官を銃殺<ブロンクス>

2日、ブロンクス区のフテリー・アベニューのアパートで銃撃事件があり、NYPD警官とその父親が死亡した。同日付PIX11が伝えた。午後12時半頃に現場に急行した警察と救急隊員が2人の死亡を確認、また別の2人が病院に運ばれた。亡くなったのはNYPDに5年勤務するアレクシス・マルティネスさん(26歳)で、ブロンクスで麻薬取締官として働いていた。当局は、精神疾患を患っていたといわれる父親がアレクシスさん個人所有の銃を使い、ベッドで寝ていた息子を撃ち、その場で自らも命を断った無理心中事件だとみている。動機は現在のところ判明していない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。