ランドールズ島 再び移民センター開設<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は7日、ランドールズ島に移民約2000人を収容すると発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。センターの運営費用は州が負担する。市長によると、現在5万7200人以上の亡命希望者を市が保護している。市当局は先月、クイーンズ区の州立精神病院の駐車場に1000人収容する計画を発表したほか、前週はブルックリン区のマッカレンパークとサンセットパークのレクリエーションセンターに移民の移送をを始めた。昨年10月にも同島に移民センターが設立されたが、やってくる移民の数が減少したため、3週間後に閉鎖された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。