歩行者10人が負傷 ハイ状態で盗難車運転<マンハッタン>

1日、マンハッタン区ミッドタウンの東45ストリートで、薬物を摂取して盗難車を運転していたカイル・フェルナンデス被告(20歳)が警察に追われ、歩道に乗り上げ歩行者10人を負傷させた。3日付amニューヨークが伝えた。警察によると午後5時半頃にブロンクスで盗まれた車を発見、同被告を逮捕しようとしたが、停車するふりをして逃走。自転車やタクシーに衝突後、歩行者をはね、道路を逆走して他の車に衝突して止まった。車から降りた後、周囲の人々に取り押さえられ、駆けつけた警察に逮捕された。負傷者は6〜72歳の10人で、同被告は数々の罪状で起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。